明光ネットワーク優待変更と配当性向の段階的引き上げ - 株主優待でお気楽生活♪

» » » 明光ネットワーク優待変更と配当性向の段階的引き上げ

明光ネットワーク優待変更と配当性向の段階的引き上げ


保有株の明光ネットワークがH27年度の決算発表と同時にH28年度からの株主優待の変更と配当性向の段階的引き上げ、自社株買いについての発表がありました。

100株しか持っていない優待株の株主優待変更のお知らせはいつもドキドキします(笑)
弱小株主はつらいです( ̄^ ̄)ゞ

明光ネットワーク株主優待制度の変更



明光ネットワーク 優待変更

1000株未満の保有で保有期間が3年未満の株主にとっては優待は改悪です。
だけど500株以上保有していて3年以上継続(同一株主番号で7回連続での記載)して保有した株主にとっては優待改善。
明光ネットワークは配当金と優待をあわせた総合利回りが高くて株主還元が非常に手厚い企業です。

権利取りの時だけ株主なのではなく、中長期的に保有してくれる株主を増加させるためなので個人的には優待変更も仕方がないかなと思いました。
これからもこういった企業は増えてくるかもしれませんね。
というか増えてほしいかもしれない。
長期的に見れば誤差の範囲とはいえ、優待銘柄の権利落ちが激しすぎますから…。

我が家は3名義保有中のうち1名義だけは来年度の8月でも3年未満保有になるので1000円のクオカードになってしまいますが、2名義分は今まで通りに3000円分のクオカードがもらえるはず。
例え1000円分のクオカードだとしても、10/9の終値でみても来年度の総合利回りは3.7%ありますからまだお得感はあります。


段階的に配当性向を80%まで引き上げ予定



現時点での配当性向は35%から段階的に50%まで引き上げだったのですが、今後は80%まで段階的に引き上げるとのこと。

やった~!!
配当金が増えるのはとってもうれしい。
日本企業連続増配ランキングトップ10を見てもらえればわかりますけど、明光ネットワークは連続増配銘柄でもあります。
来年度の配当も増配予定なので18年連続増配になりそうです。
すばらしい♡

明光ネットワークのHPを見ると、学習塾・予備校の市場規模は縮小傾向にあって業界内での競争が激しそうです。
・業者数は依然として多い
・淘汰が進む傾向

2013年に2016年までの中期経営計画を策定しているのですが、来期の業績予想と照らし合わせてみると、売上高はクリア予定だけど営業利益や経常利益は中期経営計画には届かない予想。


自社株買いの実施



15億円を上限として、10/15から来年の1/29まで自社株買いを実施。

優待が廃止されたわけでもないしあまり影響はなさそうだけど、火曜日は下げるのかな?
我が家は3名義とも保有継続します。
長期的に配当が増えるのなら買い増しも視野にいれておこうと思います。

スポンサーリンク

関連記事
コメント
非公開コメント