株主優待実施であがる企業価値 - 株主優待でお気楽生活♪

» » » 株主優待実施であがる企業価値

株主優待実施であがる企業価値


あっさりと日経平均は2万円を超えてしまいました。
もうすぐ株価がよく下がると言われている5月だけど、どこまで騰がるんだろう??

それにしても最近は株主優待の新設企業が多いです。
3月にはこんな記事を書きましたが、その後もさらに増え続けています。
株主優待を導入する企業が増え続けてる



2015/3/13 岡藤ホールディングス
2015/3/13 エイチーム
2015/3/17 TBK
2015/3/17 U-NEXT
2015/3/19 エスエルディー
2015/3/23 SOL Holdings
2015/3/23 RVH
2015/3/25 ガーラ
2015/4/10 東武住販
2015/4/10 鈴木
2015/4/13 ディップ
2015/4/17 長谷川香料
2015/4/21 ソネック


※間違いがあるかもしれませんので、各自でお調べください。

昨日、優待を発表したソネックはストップ高張り付きです。
今日はこのまま終わるのかな?

優待内容は100株保有で1000円、1000株以上で2000円のクオカードです。
昨日の時点で時価総額は38.25億円です。
今日、ストップ高で終わるとすると時価総額は45.75億円。
クオカード1000円を優待として実施するだけで時価総額が7.5億円も増えます

四季報をみるともともと400人ほどしか株主がいない企業のようです。
1000円のクオカード実施して1万人まで株主が増えたとしても、企業側の負担は単純計算して1000万円。
実際は2000円のクオカードを貰う人もいるので、もっと増えると思いますけど。
そして時価総額は7.5億円も増える(笑)

業績低迷中のマクドナルドの株価もさほど下がらないし、優待の威力はすさまじいなぁと改めて思いました。
株式投資は奥が深いです…。

スポンサーリンク

関連記事
コメント
非公開コメント