銘柄選びは難しい - 株主優待でお気楽生活♪

» » » 銘柄選びは難しい

銘柄選びは難しい


先日は、株式投資をしていてラッキーだったパターンを紹介しました。
7年前に買った株の配当利回りが12%超えに・・・

今日は、自分への戒めの意味もこめて全く逆のパターンを紹介します。

買値から考えると2006年か2007年にとある企業の株を買いました。
買った理由は優待でいただけるお米が美味しいと評判の企業だったから。
しかも10万円台で買えるし、美味しいお米が年2回もらえることもあったのでよく考えもせずに買ってしまったのが悪夢の始まりでした。

年2回もらえるはずだったお米の優待が2007年には年1回に変更になりました。
そしてリーマンショックが発生した時には株価は半値以下になってました。
その時に買い増しでもできていれば、報われたんでしょうけどその時は資金も枯渇気味で買い増しする余裕も度胸もありませんでした・・・。
それだけでもショックなのに2009年にはさらに優待の改悪が続きます。
年1回3キロもらえていた優待が年1回2キロへと改悪されてしまいました。

その後、株価は随分と回復してますけど、まだ買値には戻っていません。
それだけ高値で買ってしまってるということなんですよ(_ _|||)

その銘柄はフコクでした。
シクリカル銘柄は業績絶好調の時に買ってはいけませんね。
指標的には割安に見えてしまうので注意が必要です!!

今もフコクはポートフォリオの片隅にひっそりと残っています。
勉強不足だった自分への戒めの意味もありますけど、フコクさんからいただける棚田米は大好きなんです。
個人的には魚沼産のコシヒカリよりも好きです。
いつも美味しいお米をありがとうございます

スポンサーリンク

関連記事
コメント
非公開コメント